【悲報】C・ロナウドさん、終了か…

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)に対して、ラスベガスの警察が性的暴行事件の捜査として同選手のDNA提出を要求していると、
11日付の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

2009年にラスベガスで女性に性的暴行を働いたとしてロナウドは、翌年に公表しないとの条件で37万5000ドル(約4150万円)を支払い、
和解したとドイツのメディアが伝えていた。だが、後に被害者とみられる女性が暴露したことがきっかけとなり、捜査が再スタートされたと報じた。

地元の警察は、ロナウドにDNAを提出するよう、イタリア司法局に要請したという。しかし、ロナウドの弁護士は以前から性的関係があったことを否定せず。
「双方合意の下に行われたため、DNAが一致しても何も問題にはならないはずだ」と話しているという。

1/11(金) 18:40配信  日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00443145-nksports-socc

写真
no title

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする