【悲報】榊原信行「RENAvs浅倉カンナが7月に実現しても、タイトルマッチにするとは言ってない」

シェアする

1: 実況厳禁@名無しの格闘家 2018/05/13(日) 21:12:28.64 ID:ctz0pWC/0

榊原氏は「カンナはRIZINの女王ならいつ何時誰の挑戦も受けて欲しい。オリンピックの金メダリストもメダルを取った瞬間から次の結果が求められる」としつつも、
「RENAも7月6日のシュートボクシングの大会で総合の試合をやったとして、7月に2試合も本当にできるの?今のままではカンナが勝つと思う」と、RENAにも厳しいコメント。
また「報道にあったスーパーアトム級タイトルマッチにするとは言っていない」とし、
「浅倉とRENAだけじゃなく、この階級には浜崎朱加も黒部三奈さんもアリーシャ・ガルシアもいるし、村田夏南子が階級を下げて来る可能性だってあるし、今後混沌としてくる。ベルトは将来的にあっていいんですけど、カンナが気持ちよく対戦を受けるなら、単純なワンマッチとして成立させ、7月か8月(12日の愛知県体育館)か9月に組めるよう、関係各位と相談したい」と、再戦を組む場合のプランや、今後のタイトル新設に向けての方針を語った。
http://www.boutreview.com/3/news/item_6114.html


続きを読む